new【12月イギリス菓子レッスン】詳細は こちら から
フォンダンファンシー&メイズオブオナー
12/6(水)残席1 12/9(土)残席1 12/12(火)残席1   10:00~12:30

【クリスマス・アドベントアイシングクッキーレッスン】詳細は こちら から
11/25(土)満席  11/29(水)残席1  10:00~17:00

2016-03-29

【イギリスのお菓子レッスン】4月スケジュールのご案内



Victorian Cat Antiques × Heart of England のコラボ企画

「ミセスビートンのおうちアフタヌーンティー」が

昨日、無事終わりました。

お越し下さった皆さま、ありがとうございました。

予定時間を大幅にオーバーしてしまうほどの楽しい午後となりました。

トークセミナー及びおうちアフタヌーンティーの様子については

また、ご報告させて頂きますね。






*********







さて、遅くなりましたが、4月のイギリス菓子レッスンのご案内です。


4月は「レモンドリズルトレイべイク」と「ファットラスカル」の2種類です。



まずは、レモンドリズルトレイべイク。


レモンドリズルトレイべイクのドリズルとは「したたる」というような意味で


レモンシロップがたっぷりしたたるほどの爽やかなお味のお菓子です。


イギリスではよくトレイを使ってお菓子を作りますが、手軽に作ることが出来るので


是非、みなさまのレシピのひとつに加えて頂きたいお菓子です。





もうひとつは、ファットラスカル。


イギリス北部の街、ハロゲイトとヨークにある


有名なティールーム「Betty's」で生まれたお菓子です。


私はハロゲイトにある本店よりも、ヨークにあるお店の方が好きで


何度か行った思い出があります。写真を探してみよう…。




ドレンチェリーの目が懐かしい感じですが、焼きたてはとても美味しいのです。


どっしり食べ応えのあるスコーンのような…とでもいいますか。


日本ではあまりというか全く知られていないお菓子ですね。


4月はどちらも素朴なお菓子となります。







日時

2016年4月9日(土)10:00~12:30

2016年4月13日(水)10:00~12:30

2016年4月15日(金)10:00~12:30



レッスンの詳細・お申し込みは こちら からどうそ。




お申し込み、お待ちしております。
















2016-03-22

ホワイトアフタヌーンティー@アマン東京

いよいよ来週末となりましたトークセミナー


Victorian Cat Antiques × Heart of England 

ミセスビートンのお家アフタヌーンティー



お申し込み頂きました皆さま、ありがとうございます。


お席があと2席ご用意出来ますので、ご興味のある方は是非。


当日3月27日はイースターでもありますので、


トークセミナー後の、おうちアフタヌーンティーのティーフーズにも


イースター仕様のお菓子をご用意する予定です。


また、ティータイムのお楽しみ、ラッフル(イギリス版ビンゴのようなもの)では


アンティークグッズもご提供頂けるとの事なので、こちらもお楽しみに!


詳細・お申し込みは → こちら




*********



少し前になりますが、アマン東京で期間限定で行われていました


ホワイトアフタヌーンティーへ行ってきました。


アマン東京といえば、ブラックアフタヌーンティーですよね。


(以前行ったブラックアフタヌーンティーの記事は → こちら )


3月の初めから3月16日まで、ホワイトデーに因んだアフタヌーンティーだったそうです。


夜スタートでしたので、どちらかというとイブニングティーですね。




今回もテーブルウエアはブラックです。




ホワイトアフタヌーンティーらしく、はじめに登場するゼリーのグラスに乗せた帽子もホワイトチョコでした。


白苺とあまおうの入ったシャンパンジュレ。


美味しかった!




スコーンはさすがに白くはなかったですが、前回よりサイズが大きくなっていたように感じました。


プレーンと白ゴマ。お腹が空いていたので、サクサク頂きました。




お待ちかねの3段スタンドです。


全体的にホワイトですね。写真が斜めってます。スミマセン!





ブラックアフタヌーンティーはブラックチョコやミルクチョコなどが使われてましたが


今回はオールホワイトチョコです。


マカロンもココナッツとバニラで真っ白です。




全体的にお菓子は軽い食感のものが多かったように思います。


やはり、ホワイトでキュートなルックスのお菓子達。




セイボリーもホワイトです。


スポイトの中身はバジルソースです。


そう、カプレーゼです。





ロンネフェルトの香り高い紅茶を頂き、


前回同様、ゆったりとした時間を過ごす事が出来ました。


ブラックもホワイトもどちらも大満足のアフタヌーンティーでした。








もう誰もいない…。



















2016-03-03

【イギリス在住のアンティークディーラーをお迎えしてのトークセミナー】

かねてより、お知らせしておりましたトークセミナーの詳細が決まりました!


Heart of England 初のゲスト講師をお招きしてのコラボレッスンです。

なかなか接する機会のないアンティークディーラーの方の貴重なトークセミナーです。

アンティークが好き!イギリスが好き!可愛いものが好き!な方は是非。

お席に限りがございますので、お早めのお申し込みをお待ちしております。



*****



Victorian Cat Antiques × Heart of England 

ミセスビートンのお家アフタヌーンティー


イギリスのカリスマ主婦、ミセス・ビートン。

ヴィクトリア時代に発行された「ミセスビートンの家政書」は

瞬く間にベストセラーとなり、現代にいたるまでイギリスの主婦に愛される本となりました。


「mrs beeton boo...」の画像検索結果「mrs beeton boo...」の画像検索結果
                               (画像はお借りしました)


興味深い事に、ミセスビートンの本のレシピは、発行された時代によって少しずつ変化しているそうです。



今回、イギリスにてアンティークのネットショップ「Victorian Cat Antiques」を運営されている

アンティークディーラーの宇梶明美さんをお招きして

ミセスビートンの家政書をとおして、アンティークの楽しみ方についてお話し頂くトークセミナーを開催することとなりました。



ヴィクトリア時代のイギリスの生活様式や

お家アフタヌーンティーにお薦めのアンティークのテーブルウエアのご紹介、

アンティークのお手入れ方法についてもお話し下さいます。



「ミセスビートンの家政書」もヴィクトリア時代に発行された貴重なもの、

その後の時代に発行されたもの、

お菓子作りの部分に特化されたダイジェスト版のものなど、いくつかご紹介頂きます。

本の内容の変化から、イギリスの時代の移り変わりを感じられる事でしょう。



また、アンティークバイヤーの仕事場でもあるオークションの様子なども

映像をお持ちいただき、ご紹介して下さいます。

普段、なかなか見る事の出来ない機会を見るチャンスです。



トークセミナーの後は、Heart of England特製のイギリス菓子で

お家アフタヌーンティーをお楽しみ頂きます。

定番のイギリス菓子、スコーン、サンドイッチを美味しい紅茶と共に、お召し上がりいただきます。

ホテルのアフタヌーンティーとは違う、アットホームでコージーなティータイムをご紹介させて頂きます。


そして、最後にはお楽しみのラッフルも!

(ラッフルとは、イギリス版・ビンゴの様なものです。)

素敵な商品が当たるかもしれませんよ!



日時 : 2016327日(日) 13001500

場所 : 横浜市青葉区(自宅教室の為、詳細はお申し込み後にご案内致します)
東急田園都市線・市営地下鉄「あざみ野」駅より徒歩8分。

ゲスト講師 : 宇梶明美さん(Victorian Cat Antiquesオーナー)

受講費 : 5000


お申し込みは → こちらから どうぞ。







お申し込み、お待ちしております。










Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...