new【12月イギリス菓子レッスン】詳細は こちら から
フォンダンファンシー&メイズオブオナー
12/6(水)残席1 12/9(土)残席1 12/12(火)残席1   10:00~12:30

【クリスマス・アドベントアイシングクッキーレッスン】詳細は こちら から
11/25(土)満席  11/29(水)残席1  10:00~17:00

2014-09-19

【お家でおもてなし~プチ・アフタヌーンティー】


おはようございます。
今週ご紹介していたお菓子ですが、
先日、自宅で友人を招いてプチ・アフタヌーンティーをした際に作ったものでした。
ということで、本日はその様子をご紹介したいと思います。

  
サンドイッチやお菓子を乗せている器は、
アンティークのお皿やカップ&ソーサーをリメイクしたものです。
2年前にイギリスに行った際、アンティークショップで購入しました。
一人用か二人用・・・ですね。
なので、ケーキやスコーン、サンドイッチも小さめに作りました。
こちらにはスコーンとお菓子を。
そして、アイシングクッキーとサンドイッチ。
レモンシラバブ。
自宅でアフタヌーンティーをする場合は、日持ちのするお菓子を幾つか用意しておくと良いと思います。
そうすれば、当日はサンドイッチを作り、スコーンを焼くだけで済みますので、あわてないですよね。
もちろん、買ってきたお菓子を並べてもOK!
たっぷりの紅茶と一緒に、時間を気にすることなくお喋りできますよね。
今日も素敵な一日を!


2014-09-18

バタフライケーキ

 
おはようございます。
 
 
あたたかい紅茶と焼き菓子が美味しい気候になってきましたね。
 
 
今日のお菓子はイギリスの家庭のお菓子、バタフライケーキです。
 
 
 
 
 
 
ただのカップケーキをこんなに可愛いバタフライケーキに変えたのは、
 
 
イギリスのママの知恵ですね。
 
 
トップの部分をくり抜いて、蝶々のようにしています。
 
 
 
 
 
 
今回はトフィークリームを挟んでいますが、
 
 
バリエーションは色々。
 
 
きっと、その家ごとの味があるのでしょうね。
 
 
小さなバタフライケーキも作ってみました。
 
 
 
 
 
 
大好きなお菓子です。
 
 
 
 
 
 
 
今日も素敵な一日を!
 
 
 
 
 
 
 
 


2014-09-17

イギリス・ロンドン&カントリーサイド旅日記2014・・・⑧ ~Sanderson Londonのアフタヌーンティーその2~


昨日の続きです。



Sanderson London は外観も内装もとてもモダンなホテルでした。


入り口のバーのイスもこんな感じで、ちょっとびっくり。






これ、ホテルのロビーなんですよ!


奥に見える蛍光グリーンのラインが光っている場所が、レセプションです。






私たちが案内された席は、普通の高さの座りやすいテーブル席でしたが


こんな、お洒落なハイテーブルの席もありました。


長居は難しそうです(笑)。






働いている方達も、ホテルマンと言うよりはショップのイケメン店員さんのよう。






テラス席もありました。


松の木があったり、石庭をイメージしているのでしょうか。



女子率、高し!
こちらも!



そして昨日の写真にも写っていましたが、色々なパターンの食器がありました。


こちらは懐中時計がプレートとソーサーに飛んでデザインされています。


素敵~!カップには数字の4の文字が。



こちら、ちょっとうまく撮れてませんが、やはりプレートとソーサーにデザインが飛んでます。
鳥かごですね。カップの中には鳥さん!
こちらは空中ブランコですね。
アリスに空中ブランコって、ありましたっけ(笑)?
オルゴールを開けると、中には角砂糖が入っていました。
バレリーナのお人形さんも、ちゃんといます。
メニューはどこだろう探してみたら、無造作に置かれていた本の中に貼ってありました。
これは気付きにくいかも(笑)。
モダンな内装に、モノトーンの食器を使っていたので、
カラフルなアフタヌーンティーの、アリスの世界が引き立っていました。
こんなモダンなアフタヌーンティーも、いかがですか?
Sanderson London アフタヌーンティーについてはこちらを↓
引き続き、素敵な午後を!

バッテンバーグケーキ

 
おはようございます。
 
 
今朝も気持ちのいい朝ですね。
 
 
 
 
小ぶりの可愛いサイズのバッテンバーグケーキを作りました。
 
 
 



このケーキの由来は、19世紀末にビクトリア女王の孫娘が


ドイツのバッテンバーグ家の子息との婚礼のお祝いに作られたそうで、


4つに分かれたスポンジはバッテンバーグ家の4人の息子達を表しているそうです。
 

市松模様に配置された二色の生地を、マジパンが、ぐるっと囲んでいます。
 
 
イギリスではとてもポピュラーなケーキですが、
 
 
イギリスのマジパンはとても香りが強いので、
 
 
市販のものはあまり得意ではありませんでした。
 
 
 
 
 
 
でも手作りのマジパンは、それはそれは美味しいのです!
 
 
優しいアーモンドの味と香りが、何とも言えません。
 
 
日本でもマジパンのイメージは・・・だと思いますが
 
 
是非一度、手作りのマジパンを味わって頂きたいです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日も素敵な一日を!
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2014-09-16

イギリス・ロンドン&カントリーサイド旅日記2014・・・⑦ ~Sanderson Londonのアフタヌーンティーその1~


今週の旅日記は、ロンドンで行ったアフタヌーンティーをご紹介したいと思います。


まずは、Sanderson LondonのMad Hatter's Afernoon Teaです。


名前の通り、不思議の国のアリスをテーマにしたアフタヌーンティーでした。



最初から、すごい迫力です。
食器からティーポットから、何から何まで凝っています。
三段のトレイにはスコーンとお菓子が。
サンドイッチは別のお皿で、まるでロールケーキのようになっていました。
斬新ですよね。
テンションが上がって、写真がぶれてしまっています!
ハーブとカランツのスコーン二種類とキッシュ。
茶色の小びんには、抹茶とホワイトチョコレートのゆるいムースが入っており、
ストローで飲むようにして頂きます。
「Drink me!」to書いたタグがついているところが、ニクイですよね。
物語の中でアリスが飲んで小さくなった、あの小びんですね。
時計もお話の中では象徴的なものですよね。
ウサギが持っていた懐中時計なのでしょうか。
伝統的なビクトリアサンドイッチもこんな風になっています。
アンディアですよね・・・。
ニンジンはメレンゲ、きのこはマシュマロです。
緑色のものは、今回色々なレストランでもよく見かけたのですが
豆の若い茎?のようなものです。
苦みもなく、青々としたお味でした。
流行っているのでしょうね・・・。
お店の人によると、カップの中の石に見えるような物も食べられるということでしたが
あまり美味しくなかったので、やめておきました。
モダンなアフタヌーンティーは今までも頂いた事はありますが、
ここは、アリスをテーマにしていて、女子的にはかなり楽しいアフタヌーンティーだと思います。
ホテルの内装も素敵でしたので
続きはまた明日にでも、ご紹介しますね。
引き続き、素敵な午後を!


クロスステッチ風アイシングクッキー

 
おはようございます。
 
 
気持ちのいい朝ですね。
 
 
 
細かい作業がしたくなり、久しぶりにアイシングクッキーを作りました。
 
 
クロスステッチ風です。
 
 
 
 
 
イギリスにいた頃、お天気の良くない季節には
 
 
気の置けない友人と家に集まり、
 
 
おしゃべりをしながらクロスステッチをよくしていました。
 
 
「チクチクの会」なんて名前も付けていました。
 
 
 

 
 
一時間くらいクロスステッチを刺したら、お茶の時間です。
 
 
こっちの方が大事だったりして。
 
 
 

 
 
クロスステッチはバツバツと刺していくだけなので、初心者でもすぐに出来ます。
 
 
イギリスには素敵なデザインの見本がたくさんありましたね。
 
 


 
 
そんなことを思い出して作ってみました。
 

 
 

 
細かいですが、単純作業なので黙々と作業。
 

 
 

 
楽しくて、止まりません。

 
 
 
 
 
 
 
今日も素敵な一日を!
 
 
 





 
 
 


2014-09-12

イギリス・ロンドン&カントリーサイドの旅日記2014・・・⑥ ~キューガーデンの楽しみ方~

旅日記、今日はキューガーデンの楽しみ方についてです。




ロンドンに旅行すると、街の中心部に行かれる方が多いと思いますが

半日でも時間があれば、郊外のガーデンに足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

キューガーデンへは、地下鉄で30分ほどで行く事が出来ます。


広大なガーデンをのんびりお散歩するのも、イギリスの良さを感じられると思います。
これらの写真は6月のとある日の午前中に撮った物ですが、
お天気も良く、人もまばらですよね。
こういうところで、混んでいる事を経験したことがありません。
時間に余裕のある旅でしたら、もちろんカントリーサイドまで行くのが良いのですが、
ロンドンのみという旅でしたら、本当にお薦めです。
警戒心のないカモがあちらこちらにいます。
癒されますね。
また、夏はSummer Feteというお祭りのようなイベントを開催しているところも多いので、
こういう看板を見つけたら、是非行かれると良いですよ。
ローカルフードのお店や、手作りの品を販売するお店、
移動遊園地が来る事もよくあります。
音楽やダンスパフォーマンスなどもあったりして、大人も子供も一日楽しめます。
イギリス人の人たちは、こうして生活を楽しんでいるんだなぁと感じられると思いますよ。
それでは引き続き、素敵な午後を!


スコーン

 
 
おはようございます。
 
 
気持ちのいい朝ですね。
 
 
 
今朝はスコーンです。
 
 
 
 
 
 
焼きたてのスコーン。
 
 
冷めないようにリネンでくるんで。
 
 
温かいうちにいただけるのが、手作りの良いところですね。
 
 
 
 
 
 
ジャムとクロテッドクリームをたっぷり付けて、いただきます!
 
 
 
 
 
 
 
今日も素敵な一日を!
 
 
 
 
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...